施工日記

ホーム  »  施工日記

屋根葺き替え工事

古いいぶし瓦が凍害になっていて割れまくりの屋根です。
施工前の写真を撮り忘れたので画像はないですが、
古い瓦撤去後の写真と新しくシノゲンの和瓦を葺いた後の
写真です。
この現場ではマムシが出たり、棟がセメントでガチガチ
だったので撤去が大変でした。

工程は撤去→ルーフィング→縦の割付→桟木打ち→横割付
→瓦上げ→瓦葺きの順序です。

あとは棟の施工を仕上げて工事完了になります。
10坪の現場なので工期は2日くらいで終わります。

セメント瓦→和瓦の葺き替え工事

セメント瓦の塗装が剥がれて砂目がでて
再塗装ができないので葺き替え工事になりました。
撤去して新しい瓦に葺き替えです。
谷板金、熨斗水切りも新しくして屋根は
新築のようにきれいになりました。
棟の終わりは従来のやり方では、
漆喰でやるのですが、R&M大賀ではガルバニウム鋼板でやっています。
通称ガルバと呼ばれていて耐候年数は20年と言われているので
漆喰と比べると2倍近く長持ちします。
古い瓦屋根
熨斗水切り板金
棟の終わりの板金止め
仕上がり画像

岡山県総社市 屋根施工

施工内容

スラブの屋根に棟上げして
寄棟の和瓦屋根にしていきます。

まず土台を留めるためにアンカーを打っていきます。
アンカーに寸切りボルトを入れて土台を固定。

大工さんの指示の元組み立てていきます。
屋根仕舞が終わるとルーフィングを敷いていきます。
この時ルーフィングがしわにならないように真っすぐ敷いていきます。

次は、鼻隠し板に板金を巻いて気が腐らないように
施工していきます。
鼻隠し板金は家によってサイズを変えて加工して施工します。

次は、瓦桟の施工です。
まず、上りの割付。
瓦の種類によって割付が違うので瓦に合った割付をしていきます。
割付ができると次は墨打ち。
墨打ちは垂木の箇所と割付のところと
縦横うちます。

桟木が打ち終わると次は横割りです。
横割りは屋根の面ごとに中心から
左右対称になるように瓦が収まるように割付します。
このとき、水下から水上に軒の鼻隠しに対して
垂直に葺けるように垂直をだします。
このとき垂直ではなく右、左どちらに寄ってしまっても
瓦を美しく葺くことはできません。
和瓦は垂直に葺くようできているからです。

地葺きが終わると棟の施工です。
糸に合わせて熨斗瓦を真っすぐ施工していきます。
棟が終わると瓦の施工は終わりです。

あと樋の施工をやって屋根と樋工事」は終わりです。

今回の使用屋根材は、
鶴弥防災和瓦(アンティックブラウン)
















岡山県赤磐市 漆喰工事

七寸丸瓦の漆喰工事です。

過去に漆喰工事を他業者さんがやっていましたが、
既存の漆喰を残して施工していたので
また剥がれてしまっていました。

今回は、
漆喰撤去
南蛮漆喰で土の補強
漆喰施工
という流れになります。

乾いた漆喰に新しい漆喰はくっつかないので
必ず撤去する必要があります。

今回は瓦を外しての施工なので
施工もしやすく、きれいに仕上がりました。

漆喰工事は知識と技術がないと
できが悪く、長持ちしないということにも
なりかねないので業者選びはよく考えないといけないですね。

和瓦漆喰工事(七寸丸)

七寸丸の漆喰工事です。
一枚目の写真は瓦を外さず施工したら下の方しか塗れてないです。
前回の業者は外して塗っていなかったのでこのような仕上がりでした
今回は一番上まで塗れるところまで外して施工します。
前回は漆喰の上から新しい漆喰を塗っていたので剥がれるのも割れるのも早かったと思います。
漆喰工事を頼むときは気を付けてください!
古い漆喰を撤去して土が傷んでいたので漆喰を塗る前に
南蛮漆喰を下塗りしていきます。
ここでも注意することがあって
南蛮漆喰は乾くと漆喰がくっつきません!
乾く前に施工する必要があります。
南蛮漆喰で仕上がっている屋根のお家は漆喰工事を勧めてくる業者に騙されないように注意してください!
最後に漆喰を施工して瓦を元に戻して工事終了です。
私たちは漆喰工事にもこだわりがあって漆喰を塗りつけて
少し乾かしてもう一度押さえ仕上げをします。
これをすることで乾くときに収縮していく漆喰の割れをできるだけなくしています。
二度押さえをしないとどうしても漆喰に割れがくるので
そういうところをこだわって施工しています。
お問い合わせ
ページの先頭へ