屋根材の寿命とメンテナンス

ホーム  »  屋根材の寿命とメンテナンス

瓦の寿命、メンテナンスについて

セメント瓦  30-40年
10年に一度塗装メンテナンスが必要。
塗装を怠ると表面がザラザラになり塗装不可能になる場合があります。

カラーベスト  15-20年
10年に一度塗装メンテナンスが必要。
塗装を怠ると表面がザラザラになり塗装不可能になる場合があります。

粘土瓦  50-100年
10年ごとに点検、必要に応じてメンテナンスは必要だが
メンテナンス頻度は低い。


金属屋根材の寿命、メンテナンス

トタン屋根  10-20年
10年に一度塗装メンテナンスが必要。

銅板屋根  耐用年数不明
酸性雨などにより穴あきの事例があります。

ガルバニウム鋼板  25-30年
20年に一度塗装メンテナンスが必要。

ジンカリウム鋼板 40-50年
塗装不要で寿命までメンテナンスは必要ありません。

※ルーフィングの寿命は15-20年なので雨漏りが寿命までしないということではありません。

ジンカリウム鋼板

耐用年数50年
製品保証30年

瓦と同等の耐久性と板金の軽さを持つ
ジンカリウムはすごくお勧めです!

見た目も瓦のように意匠性があり、
高級感があります。

メーカーHPはコチラ→
http://www.deetrading.com/dsroofing/
お問い合わせ
ページの先頭へ